So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンピース:「ジャンプフェスタ2013」ホビーレポート - ぴおんくーぶろぐ

ワンピース:「ジャンプフェスタ2013」ホビーレポート


ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け

... 「ワンピース」、「NARUTO」、「銀魂」などジャンプのキャラクター達はグッズ展開も非常に盛んだ。特に「ワンピース」は、劇中のキャラクターを全てフィギュア化するような勢いで、しかも可動フィギュアから食玩、...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、GAME Watchに帰属します。)




↓掘り出しもの!
ワンピース 裏起毛 パーカーワンピース ロングワンピース

ワンピース 裏起毛 パーカーワンピース ロングワンピース




ワンピースの質問…知人に見せて、どういう風に捉えられるか聞いてみて下さい。

単純に売上の差だったら、魅力が…などは普通は書かない筈です。
誤解を招く…ぐらいではなく、「ワンピースは凄く魅力的♪」と捉えるのが当たり前の文章ですよ。


- 回答 -
売上の差がある場合、商品の魅力に差があるのかなと考えるのが普通です。流行ってるラーメン屋とそうでないラーメン屋があるなら流行ってる方が美味しいのかな?と普通は想像します。その普通のことを書いたまでのこと。「普通は書かない」なんてあなたの勝手な思い込みです。

現実に私はワンピースの内容はまるで知りません。マンガの絵柄やキャラクターの顔などが好みではないので読む気すらしません。ワンピースのどこに魅力があるのかまったく理解もしておりません。ドラゴンボールは面白くて全巻読破しました。これが現実です。倍近くも売上の差があるのならば、作品内容になにか魅力の差がつく要素があるのかと思ったまでのことです。

売上の差が倍もあって、その理由を想像する時に「商品の内容に魅力の差があるのでは」という発想になる人間が100人に聞いても1000人に聞いても1人もいないと思いますか?もしそうならあなたの考えはそうとうずれていると思います。私なら少なくともそんな勝手な捉え方はしませんけどね。複数の発想があって当然だと思いますから。

確かにあなたの思っているように考える人もいるでしょう。いて当然です。しかしそうじゃない考え方をする人だっています。数は少数派であろうが多数派であろうが、存在する以上、それを尊重した書き方をするべきだと思います。「単純に売上の差がつく理由を知りたい」場合に「作品の魅力に差があるのでは」と想像する人間は現実にいます。いる以上、「普通はそんな書き方はしない」なんて言って、そうじゃない人に多数派の感覚を押し付けるのは乱暴な発想だと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


「ジャンプフェスタ2013」ホビーレポート
 集英社が発行する「週刊少年ジャンプ」、「Vジャンプ」、「ジャンプSQ.」、「最強ジャンプ」の4誌合同のキャラクターイベント「ジャンプフェスタ2013」。本稿では「ジャンプフェスタ2013」で出展された“ホビー関連”にフォーカスして取り上げたい。

【拡大画像や他の画像】

 「ワンピース」、「NARUTO」、「銀魂」などジャンプのキャラクター達はグッズ展開も非常に盛んだ。出展ブースの内、ホビーの出展に最も力を入れていたのはバンダイだ。特に「ワンピース」は、劇中のキャラクターを全てフィギュア化するような勢いで、しかも可動フィギュアから食玩、カプセルトイと溢れんばかりの展示を行なっていた。

 メガハウスは造形に力を入れたフィギュアを多数展示・販売を行なっていた。バンプレストブースではコンビニなどで購入できるくじ“一番くじ”や“クレーンゲーム”の景品をフィギュアを中心に出展、こちらのフィギュアもクオリティが高く、会場で人気だった。スクウェア・エニックスは「ドラゴンクエスト」シリーズ、「ファイナルファンタジー」シリーズのグッズの販売に加え、新商品の出展も行なっていた。これらを写真とともに紹介していきたい。

バンダイは多彩な「ワンピース」フィギュアを展開。両さんのアクションフィギュアも

 バンダイは大きなブース全てで様々なキャラクターグッズを展示・販売を行なっていた。コミックのキャラクターをそのまま立体化したような「FiguartsZERO」、キャラクターの頭部を再現した「マスコレ」、その他にも食玩、カプセルトイなど多彩なラインナップがあった。

 キャラクターでは「ワンピース」が中心だった。原作の最初期のものから、最近のものまで。キャラクターも主人公のルフィ達“麦わらの一味”はもちろん、王下七武海や様々なエピソードで出てきたキャラクターが、様々なポーズ・衣装で再現されている。大型のジオラマなどもあって、改めて「ワンピース」という作品のキャラクターの人気を実感させられる。

 しかも造形がどの作品でも非常に細かく力が入っている。ファンは皆カメラや携帯で楽しそうに写真を撮っていた。面白いのはただキャラクターを再現するのではなく、“笑顔”をテーマにした「one piece@be.smile」というシリーズや、キャラクターをモチーフに動物化させた「フィギュアーツZERO Artist Special」といった商品展開も行なっているところ。ファンの心をくすぐり、さらにファンの想像を超える展開も行なっていると感じた。

 この他にも「銀魂」、「NARUTO」、「トリコ」など多彩なキャラクターのイメージを活かしたグッズが多数展示されていた。「ドラゴンボール」、「聖闘士星矢」といったキャラクターの最新グッズも展示されており、幅広い層のファンへアピールしていた。

 特にユニークだったのがアクションフィギュアの「SHFiguarts 両津勘吉」。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の“両さん”のフィギュアで、戦車のラジコンや競馬新聞などの付属品も充実している。さらにこれに留まらず、通販限定で部長の「S.H.Figuarts 大原大次郎」も発売される。会場では実際に両さんのフィギュアで遊ぶことができ、しかも両さんそっくりにコスプレしたスタッフが案内していた。

キャラクター性を最大限に活かしたメガハウスのフィギュア

 メガハウスは“エクセレントモデル”というブランドでフィギュアを多数展開している。ブースではガラスケースの中に商品を展示していた。フィギュアの数は非常に多く、その造形は精密でキャラクター性を見事に再現しており、見ているだけで楽しかった。彩色していない試作品も多数展示しており、これからの展開も期待したくなる展示だった。

 ここでも主力はやはり「ワンピース」だった。原作ではキャラクター達は激変する状況のなか成長を遂げている。メガハウスのフィギュアは彼等の成長を表現していると感じた。彼等がまとう衣装は豪華な上に皮や金属など様々な素材でできているが、フィギュアはうまく素材の違いまでも再現している。表情、ポーズ、装備品……、細かくチェックしたくなる完成度だ。実際、食い入るように見つめたり、色んな角度から写真を撮る人が多かった。

 この他にも「聖闘士星矢Ω」、「HUNTER×HUNTER」、「青の祓魔師」、「銀魂」、「新テニスの王子様」等のキャラクターのフィギュアを展示していた。デフォルメキャラクターや、ぬいぐるみ、コレクションフィギュアもあり、キャラクター表現の多彩さを改めて感じた。

スクエニの新製品はトンブレロが人気! リアルな「KINGDOM HEARTS 3D」フィギュアも

 スクエニブースでは、「ドラゴンクエスト」シリーズ、「ファイナルファンタジー」シリーズの今後のグッズも多数出展されていた。アクションフィギュアの「プレイアーツ改」シリーズでは、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」や、「KINGDOM HEARTS 3D」のキャラクターが今後展開していくようだ。コレクショントイも様々な試作品を見ることができた。

 「ドラゴンクエスト」シリーズでも透明な素材で作られた「ドラゴンクエスト クリスタルモンスターズ」や何匹かのモンスターをセットにした「ドラゴンクエスト モンスターミュージアムスペシャルセット」といった作品が「coming soon」として出展されていた。

 面白いと感じたのが、新商品で“トンブレロ”がモチーフとして多く取り上げられているところだ。トンブレロは大きな帽子を被ったブタのモンスターで、「ドラゴンクエストX」で狩場で大人気のキャラクターだ。しかし実は、現在はバランス調整で狩場の集中は他に移っている。人気モンスターがどんどん変わっていき、そこに商品開発のフォーカスが当てられるかもしれない。オンラインゲームならではの変化していくユーザー環境と、商品展開がどんな化学変化を起こしていくかは興味深い。

【バンプレスト】

【タカラトミー・タカラトミーアーツ】


【GAME Watch,勝田哲也】
(この記事はゲーム(Impress Watch)から引用させて頂きました)

【楽天から探す】


ぴおんくーぶろぐにお越しいただきありがとうございます。
ブログランキングにいってらっしゃ~い
ブログランキング

お気に入りもどうぞ

2012-12-23 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.so-net.ne.jp/pioncoo/2012-12-23/trackback

この記事へのトラックバック
解析
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ぴおんくーぶろぐ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。